• HOME
  • よくある質問

よくある質問

「こんな場合はどうするの?」という疑問を解説しました。
個人再生をご検討の際は、是非ご覧ください。

 

Q1 個人再生の事実は周囲にばれますか?

A. 官報には掲載されてしまいますが、住民票や戸籍謄本などには掲載されません。


 

Q2 クレジットカードは作れなくなりますか?

A. 個人再生開始後から約5~7年は、信用情報機関に登録されますので、クレジットカードを作ることはできなくなります。


 

Q3 住宅は手放さずにすみますか?住宅ローンも減額されますか?

A. はい、住宅は手放さずにすみます。
   しかし、住宅ローンが減額されるということはなく、住宅ローン以外の債務が減額されるのが一般的です。


 

Q4 自動車なども手放しますか?

A. もし車のローンが残っていない場合は手放す必要はないですが、残っていた場合、ローン業者の所有となることが多く、手放す可能性があります。


 

Q5 個人再生の事実が会社にばれる事はありますか?

A. 勤務先にばれるということは、基本的にはありません。
   勤務先あるいはその関連機関から借金をしている場合、それらの機関は債権者となるので個人再生の通知が届くことになります。

 

 

無料相談詳しくはこちら 弁護士とのスケジュールが合えば当日相談が可能です。こちらよりご確認ください。ehlo_mailban.png
Acccess Map 事務所概要 江原法律事務所

事務所サイトはこちら

jimusyo.png

交通事故についてはこちら

koutsuujiko.png


離婚についてはこちら

rikonn.jpg


相続についてはこちら

souzoku.jpg


債務整理についてはこちら

saimuseiri.png


自己破産についてはこちら

jikohasann.jpg


個人再生についてはこちら

kojinnsaisei.png


住宅ローンについてはこちら

jyuutakuro-nn.png


法人破産についてはこちら

houjinnhasann.jpg


企業法務についてはこちら

kigyouhoumu.jpg


労働トラブルについてはこちら

roudou_banner


江原法律事務所ブログはこちら

blog_banner


 

Copyright (C) 2012 弁護士法人 江原総合法律事務所 All Rights Reserved.